iPhone7sのデータバックアップ

従来の携帯電話を使っていた際に多くの人が経験し、悩みのタネの一つとなっていたのがデータのバックアップです。


電話帳や写真などのデータを携帯電話で管理している人は大勢いましたが多くの人がバックアップを取っておらず、またとっていたとしてもデータの一部をマイクロSDカードに保存し本体に挿しっぱなしという人がほとんどでした。
そのため、携帯電話本体を無くしてしまったり、濡らしてしまうことでデータが失くなってしまい大切なデータを全損されてしまうという人が少なからずいたのです。



現代では携帯電話に替わる通信手段としてスマートフォンが多くの人に利用されていますが、スマートフォンの中でも高い人気を誇るiPhone7sであれば簡単にバックアップが作成できるので万が一に確実に備えることができます。

iPhone7sを利用する際に作成するアップルIDにはそれぞれ無料でクラウドストレージが割り当てられ、iPhone7sの自動バックアップ設定をオンにしておくことで自動的にオンラインストレージ上にデータのバックアップが作成されるのです。


オンラインストレージ上にバックアップが作成されるので端末を紛失してしまった場合でも簡単にデータの復元ができますし、データの破損以外にも新しいiPhone7sへの機種変更をする際にも同じアップルIDでログインしてデータの復元設定をするだけで簡単にデータの移行ができるのです。



従来の携帯電話の時はマイクロSDカードや赤外線通信などでデータを移行する必要がありましたが、iPhone7sの場合はそのような手間がかからないのです。